スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第13回UDフェア
平成25年度実施内容(UDフェア)
☆第13回こうべユニバーサルデザインフェア☆

テーマ・・・「勝手に全国大会 こってりシンポジウム」
日 時・・・平成25年11月3日(日)11時~15時
場 所・・・神戸市長田区:若松公園 鉄人広場

主な内容

・なかよし太鼓
・シンポジウム
・各種展示・体験ブース
・車イス汽車きらぽっぽ
・クイズラリー
・UDスゴロク
・UD屋台「UDグージー焼き」
・丹波焼UDカフェ
・UD屋台「UDぼっかけ焼きうどん」
・第12回ユニバーサルデザイン大賞授賞式
・「しあわせ運べるように」東北バージョン大合唱

今回のUDフェアは13回目の開催で、
初心に帰りUDとは?そして震災について
シンポジウム形式で開催しました。

テーマは、
①「すべては95年1月17日から始まった」
②「出会うことで気がついた!まちは多様性に満ちている(災害弱者とUD)」
③「今までの私たちのUD、してきたこと、できたこと、そしてこれからのUD、
  あなたたちがすること、できること」
以上3テーマを設定し、各自が体験・経験した事を「こってり」と話し合いました。

その中でもテーマ③では、
東日本大震災で被災された福島県より引率者と高校生15名、
阪神淡路大震災があった神戸の舞子から引率者と高校生8名が参加し、
それぞれの代表者がステージ上でシンポジウムに参加されました。

神戸の学生は、誕生前に発生した震災の体験をを多くの大人から引き継ぎ
未来の世代にそれ以上の物を発信しようと環境防災に取り組んでいます。
福島県の学生は、目の前で津波が発生し、町が破壊され、人が流され、
さっきまで普通の生活をしていた場所が変貌していく様を目のあたりにした
体験を発表し、それぞれが感じたことを胸にまちの復興に貢献して行こうと
シンポジウムでは活発な意見がありました。















[2013/11/27 11:07] | UDフェア | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。